ダイレクトボンディングの可能性について

こんにちは。

上尾駅西口アリオ前、新海歯科医院の新海です。

今日は久しぶりにダイレクトボンディング。中でもダイレクトブリッジの症例を紹介させていただきます。

この患者様は、不幸にも被せものをしていた前歯が根の深い所から折れ抜歯となってしまいました。

画像1

抜歯後の状態

抜歯後は、前歯で見える場所ということもあり、とりあえず仮歯を隣の歯に歯科用ボンドでくっつけ歯茎が落ち着くのを待ちました。

しかしこれではいつ取れてしまってもおかしくはない状況です。

ではどうするか?

治療方法は四つの選択肢が当院ではあります。

①入れ歯(前歯なのでバネが見えるリスクと着脱の煩わしさ、そして違和感があるのは否めない)

②ブリッジ(違和感や着脱の煩わしさは無いが、土台となる健康な隣の歯を大きく削り、さらに今までより過負担となるため本来の歯の寿命より短くなる恐れがある)

③インプラント(当院では欠損補綴の第一選択ではあるが、費用面や持病などにより選択できない場合もある)

これらの三つを選択できない場合に今回の四つめの治療プラン、

④ダイレクトブリッジがあります。

これは以前お話させていただいたダイレクトボンディングの応用版と思ってください。

これは隣の歯をほとんど削ることなく両隣の歯にレジン(歯科用の高性能プラスチック)を歯科医が直接口腔内で、その場で歯を作っていく方法になります。

これだと入れ歯の様な不便さも、ブリッジの様な隣の歯を削るリスクも無く、持病などでインプラント治療ができない方も治療可能となります。

実際の治療後の状態を見ていただくと、、

画像5

治療終了時

このように審美的にはなんの問題も無く、機能面でも仮歯の時のようなすぐ取れてしまう恐れもありません。

しかしこの治療法、すべての欠損部位に使える訳ではありません。

あまりにも強い力のかかる部位や、咬む力の強い方などは壊れてしまうため適応とはなりません。

もしご自身の歯の欠損部位で、見た目や機能的にお困りの方がいらっしゃいましたら治療可能かどうか、診査診断させていただきます。

是非、相談だけでも構いませんので当院までいらしてくださいね。

記事一覧へ戻る