今日の症例報告(歯周外科編)

こんにちは。

上尾駅西口アリオ前、新海歯科医院の新海です。

今日は歯肉のグラフトの症例を紹介させていただきます。

グラフトとは移植の事で、歯肉が退縮してセメント質が剥き出しになってしまった部位などに別の部位からもってきた歯肉を移植する治療の事です。

移植ときくと、すごい大手術のイメージがあるかもしれないですが当院では、歯科用顕微鏡を使用し低侵襲、短時間で手術を行うので体への負担も少なく、選択される患者様も数多くいらっしゃいます。

では、実際にどのようになるのか症例を紹介させていただきます。

画像1

初回来院時

この患者様は左上の前歯の歯茎が下がってしまい、見た目も気になるという主訴でいらっしゃいました。

この患者様は、歯茎のグラフトも含め、不適な補綴物もやり直しました。

本日、この患者様は五年目の定期メンテナンスでいらっしゃいました。

今現在も審美性はもちろん、機能的にも不自由なく使用していらっしゃいます。

画像5

5年目の定期検診にて

このように本当の審美とは、歯だけではなく、歯肉との調和も必要となる場合もあるので、このような手術も必要となる事があるんですね。

記事一覧へ戻る