今日の症例報告(歯内療法編)

こんにちは。

上尾駅西口アリオ前、新海歯科医院の新海です。

今回は以前にも紹介させていただいた、精密歯内療法についてです。

精密歯内療法は他で抜歯しかありませんと宣告された歯でも、状態によっては、適切な治療と最先端の機材を用いる事によってご自身の歯を温存する事ができる場合があります。

では、実際の症例です。

画像1

初回来院時

画像2

マイクロスコープにて根管内を確認

この患者様は、「上の奥歯が咬むと痛む」という主訴で来院されました。

レントゲンで確認した所、根管治療が不十分な箇所がいくつかあり再根管治療を行うこととなりました。

当院のマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で根管内を確認した所、細菌がいるとおもわれる部分の取り残しや未処置の根管があったため、ラバーダム、マイクロスコープ、ニッケルチタンファイル、超音波チップなどの根管治療における最先端の機材を用い、改めて精密な根管治療を行いました。

そして、感染源の除去、未処置根管を丁寧に拡大、清掃すると痛みも無くなったため根管充填を行い、被せものを入れ、治療終了となりました。

このように根管治療は根管充填するまでの、精密で適切な下準備がとても重要。

根管内環境が不十分な状態で根管充填を行うと、バクテリアの温床となりかねないので注意が必要なんですね。

画像5

丁寧に根管内清掃を行った後

画像6

根管充填後

記事一覧へ戻る