今日の症例報告(インプラント編)

こんにちは。

上尾駅西口アリオ前、新海歯科医院の新海です。

今日はインプラントの症例を紹介させていただきます。

今回は抜歯即時埋入という方法で手術を行いました。

これは、残念ながら保存不可能と判断し抜歯をせざるを得ない歯があり、その欠損部をインプラントで補綴することが予定されているケースに適応となります。

もちろん抜歯となる歯の周囲の骨の状態にもよりますが、当院では多くの患者様がこの方法でのインプラントの手術を選択されております。

この方法のメリットは一回の侵襲(麻酔をし、抜歯を行い、その抜歯したスペースにインプラントを埋入します)でインプラントの埋入まで終わってしまうという事です。

では、治療の流れはどうなるのか?

実際の症例を使って紹介させていただきます。

画像1

初回来院時(歯の破折か根尖病変が疑われました)

画像2

CTにて歯が折れていることが判明(これは保存不可能です)

これらの結果から、患者様と相談の上でインプラントで補綴することとなりました。

そして、なるべく侵襲も来院回数も少なくてすむ抜歯即時埋入という方法にて手術を行いました。

現在は術後二ヶ月で歯茎の腫れも無くなり、仮歯の状態で歯茎の治癒と強固な骨の結合の経過をみている状態です。

このように前歯などが抜歯になってしまった際、たとえ一日でも歯が無くマスクが手放せないような時期を過ごす事の無いよう、抜歯即時埋入という方法はとても優れた治療方法なんですね。

画像5

オペ後のレントゲン写真

画像6

術後二ヶ月の口腔内写真

記事一覧へ戻る