今日の症例報告(ダイレクトボンディング)

こんにちは。

上尾駅西口アリオ前、新海歯科医院の新海です。

今日はダイレクトボンディングの審美面の優れた症例を紹介いたします。

この患者様は、下の前歯の隙間に食べ物が詰まる。見た目が気になるという主訴で来院されました。(この隙間はブラックトライアングルと呼ばれています)

もうひと方は、上の前歯の隙間が気になるという主訴でした。

画像1

下顎前歯、歯頸部にブラックトライアングルがみられます

画像2

前歯の隙間が目立ちます。

以前お話させていただいた様に、ダイレクトボンディングは優れた接着性と歯をほとんど削らない為、歯質を温存できるというメリットがあることがポイントとなります。

この症例も隙間を埋める為に健全な歯質を削り、被せ物をしてしまうのはいささかオーバーな治療と言わざるを得ないでしょう。

 

画像5

治療後

画像6

治療後

そこでダイレクトボンディングにて、歯質をほとんど削る事なく、接着力の高い材料を用い隙間を埋め、審美的にも患者様に満足いただける結果となりました。

記事一覧へ戻る