今日の症例報告(インプラント編)

こんにちは。

上尾駅西口アリオ前、新海歯科医院の新海です。

今日は前歯部、インプラントの症例(抜歯即時埋入)を紹介いたします。

この患者様は前歯部の違和感と審美不良を主訴に来院されました。マイクロスコープやCTにて精査の結果前歯部が2本とも深部まで破折しており、残念ながら保存不可の為抜歯という判断をさせていただきました。また、その両隣在歯は根管治療が不十分であった為再根管治療を行い、保存することとなりました。

以前お話させていただいた様に、なるべく患者様の身体的負担や来院回数を減らすため、患者様と相談の上抜歯即時埋入という術式でオペを行うこととなりました。

 

画像1

初回来院時

画像2

初回来院時レントゲン写真

この方法により、一回の手術によりすぐ仮歯が入れることができ外科的侵襲も最低限で済む為、オペ後の腫れや疼痛も非常に少なく、また治癒も大変早くなりました。

そして、特に前歯部で大切なのは歯茎の形態をいかに審美的に自然な状態に治癒させてくるかがポイントとなります。

インプラントの埋入位置はもちろんのこと、縫合の仕方や仮歯の形態など注意しなければいけない点はたくさんありますが、適切な治療を行うことでこの患者様は5年経過した現在も審美的にも機能的にも大変ご満足いただいております。

画像5

オペ後一週間での歯茎の治癒

画像6

5年経過時の現在

記事一覧へ戻る