症例紹介(根管治療、破折リーマー除去)

こんにちは。

上尾駅西口アリオ前、新海歯科医院の新海です。

今日は先日、他院からの紹介の患者様の症例を紹介させていただきます。

この症例は根管治療中に使用している器具が折れてしまい、根管内に残ってしまった器具の除去の依頼でした。

根管治療に使う器具はとても細く、繊細なため稀にこのように折れてしまうことがあります。

原則、除去が可能な位置であれば取りますが、根管内が汚染されておらず根管の先の方にあればそのままにしておいても問題無い場合もあります。

今回はまだ治療途中であり汚染物も残っているため除去いたしました。この際にもマイクロスコープや根管治療用の超音波などを使用すると余計な根管を削らず、スムーズに時間も10分ほどで除去することできました。

患者様にとってもお口を空けている時間も少なくて済み、歯にも侵襲の少ない治療となります。

画像1

画像2

左のレントゲンでは根管内に破折物が白く写っていますが、除去した後の右のレントゲンでは綺麗に無くなっています。

記事一覧へ戻る