歯根端手術について

こんにちは。

上尾駅西口アリオ前、新海歯科医院の新海です。

今日は以前行った歯根端手術の術後経過についてお話させていただきます。

歯根端手術とは、根管治療だけでは治りきらなかった根尖病変を外科的な手術を行い治癒に導く方法です。

一度、根尖病変ができてしまうと再根管治療を行っても、完全に治癒したといえる状態には60~70%の確率でしか治ってこないという臨床試験データがあります。これは以前お話した、精密根管治療、MTA、などを用いてもです。歯内療法専門医のDrが治療してもほとんど変わりはありません。

ましてや、ラバーダムもせずいい加減な環境下で行われた根管治療の治癒確率はとてつもなく低いものになります。

このような現状をふまえ、再根管治療の治癒の確率を90%辺りまで引き上げてくれるのが歯根端手術になります。この手術の際もMTA、マイクロスコープを用いて行う事で患者様の侵襲も少なく、より精度の高い治療を行うことが可能となりました。

これにより根管治療後も咬合時痛や腫れ、違和感などで長い期間苦しんでいらっしゃる方、自費の高い被せ物が入っている為外して治療が出来ない患者様の治療の選択肢が広がりました。

では、実際の症例です。

この患者様は前歯部の違和感、歯肉の主張を訴えておられました。

レントゲンにて根尖病変を確認し、精査した結果、当該部位が原因と判断しました。

画像1

根尖部に大きな透過像があり、病変があると思われます。

画像2

オペ直後。根尖部を3mmほどカットして根管内にMTAを詰め、病変も綺麗に除去しました

画像3

3ヶ月経過後。根尖部の黒い透過像は無くなり、白く不透過な骨ができてきています。

この患者様は上顎の犬歯に根管治療しておりましたが症状が改善されず、患者様と相談の結果、歯根端手術を行うことになりました。

根管治療において、根管の外にフジツボの様にへばり付いてしまっつた汚染物質には我々もアクセスする事ができません。

手術の際、汚染された根尖部3mm程度を切除し、周囲の病変も綺麗に除去しました。

3ヶ月後には病変のあった所には骨が再生され、患者様は今は何の違和感や症状もなく過ごしていただいております。

 

記事一覧へ戻る